Skip to content →

無理ゲー|日本とイギリスの言葉が想定以上に相違するとしたら…

iPhoneなどのスマホや人気の高いAndroid等の、英語圏の報道番組が見られる携帯用パッケージを日々使用しながら、耳が英語耳になるように注力することが、英語上級者への便利な手段に違いありません。
一定の基礎力があって、その先話ができるまでにすんなりとチェンジ出来る方の特色は、恥ずかしいということをさほど恐れていないことだと思います。
多くの外国人達もお客として来る、最近評判の英会話Cafeは、英語を学習中だけれども訓練する場所がない人達と、英会話ができる所を探し求めている方が、両者とも会話を楽しむことができます。
何か作業をやりながら並行で英語を耳にすることだって大切なことですが、1日たったの20分程度でも十二分に聞くようにして、話す訓練や英文法を勉強することは、集中して聞くということを実行してからにしてください。
英会話レベルが中・上級の方には、ともかく英語の音声と字幕を使ったトレーニングを強くおすすめします。英語の音声と字幕を見て、どんなことを表現しているのか、もれなく認識できるようにすることが第一の目的なのです。

多くの機能別、諸状況によるモチーフに則ったダイアローグ形式で英語で話せる力を、現実の英語ニュースや流行の歌など、多彩なアイテムを使用して、聞く能力を手に入れます。
なんとなくの言いまわしは、頭の中に残っていて、その言葉をしばしば耳にする間に、ぼんやりとしたものがゆっくりとくっきりとしたものになってくる。
日本とイギリスの言葉が想定以上に相違するとしたら、今の状況では他の国々で有効な英語学習方法も日本人向けに手を加えないと、日本人にとっては効果が薄いようだ。
何のことかというと、フレーズ自体が着々と聞き取ることが可能な水準になってくると、言いまわしをひとまとめにして脳の中に集積できるような時がくるということだ。
よく言われるように英会話の多岐にわたる能力を上昇させるには、聞いて判別するということや英語で会話を続けることのいずれも同じようにトレーニングして、もっと効果的な英語で会話できる能力を備えることが必要になります。

なにゆえに日本の学校では、英語で使われる事の多い「Get up」や「Sit down」と言う時に、2語に分けて「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」という感じで発音するのか?これなら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方が正しいのだ。
「英語を話す国に行く」とか「カフェで外国人とおしゃべりする」とか「英語のドラマや、英語の歌やニュース番組を英語で観る」といったアプローチがありますが、とりあえず基本となる英単語を数多く覚えこむことです。
暗記していれば当座はなんとかなっても、いつになっても英語の文法そのものは、できるようにならない、暗記よりもきちんと把握して、全体を見ることが可能な英語力を習得することがとても大切です。
『英語を自在に扱える』とは、何か感じた事をとっさに英語音声に切り替えられる事を表し、言ったことに一緒となって、何でも意のままに言いたい事を言えるということを意味するのです。
リーディングの練習と単語自体の暗記、両方の勉強をごちゃ混ぜでやるような微妙なことはせずに、単語と決めたらがむしゃらに単語だけエイヤっと暗記してしまうべきだ。

Published in 無理ゲー英会話