Skip to content →

無理ゲー|英語に慣れてきたら…

意味することは、フレーズ自体がぐんぐん耳でキャッチできる段階になれば、相手の言葉を一つのまとまりとして記憶上に蓄積できるようになるということだ。
『スピードラーニング』というもののトレードマークは、音楽のようにただ聞き流すだけで英会話そのものが、会得できるという一点にあり、英会話を我が物とするには「英語独特の音」を聞こえるようにすることが大切なものです。ポイントなのです。
とりあえず直訳はやらないようにし、欧米人に固有な表現をコピーする。日本語の考え方で適当な文章に変換しない。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本語の言い回しを変換しただけでは、英語には成りえない。
誰もが知っている『ドラえもん』の英語版の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」etc.も発表されているんですよ。だから有効に利用すると思いのほか勉強のイメージだった英語が近くに感じるようになります。
英語に慣れてきたら、ただ考えて文法的に変換しようとしないで、あくまでもイメージで把握するように、修練してみて下さい。その方式に慣れてくると、会話も読み物も、理解にかかる時間がずっと短縮できます。

英語で話すことは、海外旅行を心配することなく、かつ満喫できるようにするためのある種のツールのようなものなので、海外旅行で実際に使う英語のセンテンスは、そんなにたくさんはないのです。
「英語力を要する国に行く」とか「外国人の友人を作る」とか「イギリスやアメリカの映画や、英語圏の音楽や英語でニュース番組を観る」等の多くの方法が提案されますが、とにかく英単語を数多く諳んじるべきです。
『英語を好きに操れる』とは、何か言いたいことが即座に英語音声に置き換えられる事を意味していて、言ったことに一緒となって、闊達に言いたい事を言えるということを意味しています。
何度も何度も声に出しての実習を繰り返します。このようなケースでは、音調や拍子に意識を集中させて聴き、文字通り同じように言えるよう心がけるのがコツなのです。
人気のロゼッタストーンでは、翻訳してから考えたり、単語あるいは文法等をそのまま単に覚えるのではなく、日本を出て外国で生活を営むように、意識することなく海外の言葉を覚えます。

人気の英会話スクールでは、通常水準別に実施されているグループ単位のレッスンで英会話の講義を受け、その後に自由に会話する英語カフェで、現実的な英会話にチャレンジしています。学習したことを、現実に使ってみることが必須なのです。
最近人気のあるロゼッタストーンは、日本の言葉そのものを用いることなく、勉強したい言語だけを用いて、その言語を我が物とする、いわゆるダイナミック・イマージョンという方式を組み込んでいます。
通常、英語の勉強をする場合なら、①始めに何回もヒアリングすること、②意識を日本語から英語に変換せず、英語そのもので考える、③一度暗記したことをその状態で持続することが大切だといえます。
こういう要旨だったという言いまわし自体は、覚えがあって、そうしたことをたびたび耳に入れていると、わからなかったものが段階的にしっかりしたものに変化するものです。
一般的には、英語学習の面では、辞書というものを効果的に利用することは、至って大切なことですが、いざ学習する場合において、初めの時期には辞書に依存しないようにした方が良いでしょう。

Published in 無理ゲー英会話